早くトイレに行きたいのに玄関の鍵が見つからない!

最寄り駅で電車を降りて駅前の繁華街を抜け、住宅街に入った辺りで、猛烈な腹痛に襲われました。ただ痛いだけではなく便意を催すやつで、早く帰ってトイレに駆け込まないと非常に危険な状況です。家の近くにコンビニはありますけど、駅と家の間ではなく家を通り過ぎた先にあるので、コンビニへ行くより家のトイレで用を足すのが最善。そう思った僕は腹痛に耐えながら肛門を引き締め、できる限り帰路を急ぎました。走ると振動でやられそうだったので、競歩みたいな感じですね。ちょっと変な歩き方だったと思いますが。

そしていざ自宅に辿り着き、ついにこの腹痛と便意にサヨナラできると思いました。この時点では勝者の気分です。俺は便意に勝ったんだぞと。ですが、玄関の前でどれだけ鍵を探しても見つかりません。早くトイレに行きたい、というより行かないとマズイことになるのに、どこのポケットやバッグの中を探っても鍵が出てこないのです。まさかどこかに落とした…?この状況で…?と焦れば焦るほど見つからず、それと同時に肛門が限界に近付いていきます。

そのまま数分は探してやっとこさ鍵が見つかったのですが、なんとスマホのモバイルバッテリーを入れているポーチの中に入っていました。普段こんなところに入れないのになぜ…と思いましたが、そんなことは最早どうでもよくて、一刻も早くトイレへ行かなければなりません。鬼神の如きスピードで解錠し靴を脱ぎ捨て、便座に腰掛けたと同時に一気に解放されました。鍵を探している数分でコンビニ行けばよかったとも思いましたが、やはり自宅のトイレは落ち着きます。解放された瞬間の僕は、多分ここ数年で一番幸せそうな顔をしていたと思います。

我慢した後の便は気持ちいい。それは確かに事実ですが、意図的ではない我慢を強いられる時は本当に地獄ですね。鍵のを入れる場所はちゃんと決めて、焦らなくてもいいようにしたいものです。