私のキーホルダーは優れもの

カギを失くさないように、キーホルダーを付けている人がいます。カギそのものは決して巨大なものではありませんが、施錠解錠のたびに出し入れをするという意味では、比較的紛失しやすいツールのひとつかもしれません。そして当然のことながら、カギはその性質上、決して失くしてはいけないものなのです。

また一方で、カギというのはそれぞれが独立した形状をしているのと同時に、一見すると見分けが付きにくいことがよくあります。たとえばマンションなどの外扉と、各個人の家の玄関ドアのカギは、たてつづけに使うことがほとんどであるにも関わらず、場合によっては非常に見分けにくいことがよくあります。こうした取り違えを日常的に繰り返すことは、ストレス以外のなにものでもありませんから、当然なにかしらの方法で目じるしを付けておきたくなるものです。

カギの紛失防止にしろ、そのカギを見分ける目じるしであるにしろ、キーホルダーというのは非常に便利なものです。たいていの人はカギにキーホルダーを付けるとき、たとえば自分の大好きな人形を付けていたりします。しかしカギが常に使うツールであることを考えた場合、むやみに大きくて邪魔になるものをぶら下げるというのはナンセンスかもしれません。どうせぶら下げるのであれば、なにかに役立つ便利なキーホルダーをぶら下げてみてはいかがでしょうか。

フラッシュメモリーやハサミ、缶切りやマイナスドライバーなど、日常的に持ち歩かないけれど、いざというときにあると便利なものがコンパクトに収納されたキーホルダーが、最近人気なんだそうです。価格はピンからキリまでありますが、ある程度の金額を出せば、たとえばハサミなどは普通に使える切れ味のものがあるようでし、また、たとえばスマートフォンのバッテリーパックなど、手で開けるのは困難なものに対しても、ちょっとしたコインドライバーとして活用範囲が広いツールであるといえるでしょう。